【法人顧問契約コース】とは

【法人顧問契約コース】は、決算書や申告書の作成といった事務手続きに加えて、経営節税についてのアドバイスも行うサービスです。

税理士の仕事は、記帳代行や仕分けのチェック、決算書や申告書の作成等、事務的なものが多いため「作業だけをして終わり」という税理士も少なくありません。しかし当事務所では、顧問先企業さまの経営をご支援したいという想いから、事務的な作業にとどまらず

  • 事業計画(経営計画)の作成
  • 経営アドバイス
  • 銀行との交渉

等の会計や税金、経営に関するあらゆるご相談に対してアドバイスをさせていただきたいと思っております。

私は当事務所を開業する前は大手監査法人に勤務し、公認会計士として監査業務に従事しておりました。監査とは、決算書等の財務書類をもとに、企業の経営状況を把握して適正な経営が行われているかをチェックすること。前職時代に私が手がけた監査は実に100社以上にものぼります。

こうした経験から、企業の財務書類をもとに経営状況を分析し、経営上のアドバイスをできるのが私の強みです。また、銀行の監査も数多く担当しましたので、銀行との交渉を有利に進めるポイントにも精通しております。

私が今まで蓄積してきたこれらのノウハウが、顧問先企業さまのお役に立ちましたら幸いです。

 

決算書・申告書の作成のみをご希望の方へ

顧問サービスではなく、決算書、申告書の作成のみを希望されるお客さまは、【決算駆け込み(法人)コース】をご覧ください。
訪問・面談が年一回と少ないので、通常の法人顧問サービスと比較して格安費用でのサポートが可能です。

【決算駆け込み(法人)コース 詳細はこちら】

 

▲このページのトップに戻る