法人顧問契約の特徴

 

公認会計士税理士が全てのお客さまを担当します

 

公認会計士、税理士の所長が
あなたの担当です 

「そういえば契約のとき以来、所長さんと会ってないな……」
「所長の税理士さんが来るのは、年に1回くらいですね」

 

当事務所を訪れる経営者からは、こうしたお話をよく伺います。
実際に、普段の業務はすべて担当者に任せっぱなし、という税理士は少なくないようです。

当事務所ではお客様ごとに担当の職員を決め、記帳作業、月次決算書の作成等、定型的な作業を行いますが、すべて公認会計士税理士が最終責任者としてチェックを行なっています。

また、定型的な作業以外の「節税」や「経営アドバイス」などは、全て公認会計士税理士である私が責任をもって行います。

担当者に任せっぱなし、ということは決してありませんから、どうぞ安心してご相談ください。

 

 

ご来所いただける場合には、報酬料金を最大20%割引します


最大20%お値引きいたします

当事務所では、売上ごとに定めた訪問回数面談回数(3ヶ月に1回、2ヶ月に1回、毎月)に沿った報酬料金を設定しておりますが、これはお客さまのところへ当事務所の担当者が訪問する場合の料金です。

当事務所までお客さまにご来所いただける場合は、この料金から最大で20%お値引が可能です。

と申しますのも、会計事務所の原価大部分人件費工数時間

お客さまに事務所までお越しいただければ、こちらから訪問する時間節約できるため、その分の人件費カットできるのです。

徹底した経費削減をお考えでしたら、こうしたことでもお力になれますので、ぜひご相談ください。

 

 

ご相談、ご質問はすべて無料です


相談は何度でも無料です

「顧問先の会計事務所に質問したら、30分5,000円も請求された!」

 

こんな経験はございませんか?
ちょっとした相談をするたびにお金がかかるのでは、いったい何のための顧問契約かわかりません。

当事務所では、顧問先のお客さまからのご相談に、すべて無料速やか回答させていただいております。回数・内容の制限はございません。


電話、メール、FAXによる相談を随時受け付けておりますので、節税資金繰り経営のことなど、料金を気にすることなく、なんでもご相談ください。

 

 

すべてのお客さまの月次決算に対応。問題発生の予兆を見逃しません

 

すべてのお客さまの
月次決算を行います

経営に問題はつきもの。みなさまは、これまでに様々な問題を乗り越えたご経験がおありのことと思います。

そうした問題は突然起こるように見えますが、実際は、その予兆がどこかにあったはずなのです。
問題発生予兆は、月次決算の試算表に現れることが多く、この月次決算をきちんと把握することが、問題回避ポイントとなります。


当事務所では、毎月の訪問・面談の有無にかかわらず、すべてのお客さまへ月次決算の試算表をお出しし、お客さまの経営状態を把握

そのため、問題の予兆を見逃すことがなく早め早めアドバイスにつなげられます。
このように、さまざまな問題の発生を予防することで、しっかりとお客さまをサポートできるのも、当事務所の特徴のひとつです。

 

  • お客さまが自計化されている場合…記帳内容・仕訳のチェック
  • お客さまが自計化されていない場合…記帳代行
お客さまが月次決算を自計化されている場合は帳簿データを、自計化されていない場合は原資証憑、集計データを当事務所にご送付いただきます。当事務所内で作業を行い、試算表の分析結果訪問の際にご報告、もしくはメール郵送にて送付させていただきます。

 

 

予定外の訪問や面談が発生しても追加費用はかかりません


予定外の訪問も無料です

当税理士事務所では、当初定めた訪問・面談以外にも、たとえばこんな場合に不定期の訪問・面談に伺います。

 

  • 契約初年度のお客さまで、会計の状況把握を行う場合。
  • 会計ソフト等の導入にあたって、使い方の説明を行う場合
  • お客さまから緊急の面談希望があった場合


こうした予定回数以上の訪問・面談は、ほぼ100%発生いたしますが、いずれの場合も、追加報酬・料金は発生いたしません。お客さまには無料なので、どんどんご相談ください!」とお伝えしております。追加費用を気にせず、どんなことでも安心してご相談ください。


なお、実際の訪問理由で一番多いのは「私がお客さまに無性に会いたくなった場合」。もちろん無料です。

 

お気軽にご相談ください
052-710-4998

受付時間 : 9:00〜18:00
(土日祝祭日は要予約)

 ご相談・お問い合わせはこちら

▲このページのトップに戻る